行政書士 弁護士

foeoud11

行政書士という仕事をご存知でしょうか?行政書士とは、企業や個人などが、知識がなくて難しいとされている書類などを行政書士の方に代行してくれるという方の事を言います。知識が豊富な専門家という位置づけで、安心して依頼をすることが出来るでしょう。では、そんな行政書士は弁護士とは何が違うのでしょうか。弁護士は、行政書士よりも出来る仕事の範囲が広がっておりますので、行政書士には出来ない、法律相談や遺産分割協議書についての相談や、示談交渉の交渉や書類を送るといったことは行うことができないようです。その為、弁護士には出来て、行政書士には出来ない事も多いのですが、その点を踏まえた上でも行政書士に依頼をしたいといった要件は出てくるものですので、多くの人から必要とされ、感謝をしてもらえるという素晴らしい仕事となるのです。行政に提出する書類の作成などが主な仕事となり、国家資格者となりますので、得られる知識は決して無駄なものはありませんし、自分の生活にも役立ってくることもあるでしょう。仕事が軌道に乗れば、自分で開業をすることも出来ますので、自分のみちを開きたいと思われているような方にはおすすめの職業となっています。